スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダン.タイ.ソン ピアノリサイタル

11/21(日)に川西市のみつなかホールにて

ダン・タイ・ソン ピアノリサイタル があります!


1980年第10回ショパン国際ピアノコンクールで、東洋人初の優勝者に輝き、
ポロネーズ賞、マズルカ賞、コンチェルト賞も合わせて受賞するなど、
新世代のショパン弾きとして多くの注目を集めた逸材です! 

ダン・タイ・ソンは、ベトナムの首都ハノイの出身ですが、
彼がピアノ学習を続けていた当時、ベトナムは、戦渦の只中に ありました
                          (ベトナム戦争)。
戦時中、防空壕での生活を続けることを余儀なくされるなど、
ピアノを練習できる状況ではなくなったときに、
紙の上にピアノの鍵盤の絵を描いて、
その上でひたすら指を動かしていた、という有名な「紙鍵盤」伝説もあります。
(生徒のみなさん!指つみき大切なのがわかりますね )
1977年からは、祖国ベトナムを離れて、遠く旧ソ連の名門モスクワ音楽院に
留学することになりますが、ピアノの道を志す人にとって
恵まれない環境であったにも かかわらず、
大きな夢を持ち続けながら、ピアノに向かう気持ちを持続させたこと、
そして最終的には、ショパンコンクールで 東洋人初の優勝に輝いたことは、
世界中の多くの人を心を動かす感動の伝説として語り継がれています。

私自身、当時はまだピアノを始めてまだ間もない頃でしたので、
母も、当時のピアノの先生も話してくれたであろう、
彼の生い立ちなどは、まったく耳に残りませんでしたが、
高校2年の進路で迷った際にある人から、
叶うものを夢に持つのではなく、
叶えるために自分から向かっていくぐらいの大きな夢を持つよう
夢は大きく!
自分を信じて突き進むことを教えてくれた際、
彼の生い立ちを読み、感動したことを覚えています!

ダン・タイ・ソンは、ショパンコンクール優勝者の中でも、
ショパンの音楽にとりわけ大きな愛着とこだわりを持ち続ける、
文字通り「ショパン弾き」です。
ショパンの全作品という限られたレパートリーの中で、
ピアニストとしての力量を世に問う のは容易なことではありませんが、
生まれながらのショパン弾きであるダン・タイ・ソンにとって、
これは極めて自然な 行為であるようにも感じられます。
しかし、最近になって、 ラヴェル、ドビュッシー等のフランス近代音楽にも
意欲的な取り組みを示すようになってきているようです。

お時間許す方は、どうぞ、行っていい時間を堪能してきてほしいと思います。
私は、残念なことに、スケールグレードのお手伝いがあり、いけません(泣)
生徒のみなさん!こういう機会に良い音楽をたくさん浴びてたくさん感じて
ほしいとおもいます
IMG_0998_convert_20101112000705.jpg


ブログランキングに参加中
クリックお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

衣斐 和代

Author:衣斐 和代
吹田市山田市場 (阪急バス 山田南下車徒歩2分)で、
小さな piano 教室を
  主宰しております
  衣斐和代と申します♥

子ども達のもつ
たくさんの可能性を引き出し
ピアノの魅力を、感じさせる
 指導を心がけております!

♪リトミック指導者資格
    ディプロマA取得
♫全日本ピアノ指導者協会
    (PTNA)指導者会員
♬大阪千里バスティン
       研究会所属
    
♪只今、生徒募集中です♪

教室への問い合わせ、
レッスン希望等、
下記のメールフォームへ、
お気軽にご連絡下さい♪

ブログランキングに参加中!
クリックの御協力お願い致します♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。