スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、闘っています!

今年に入り、2回目のレッスンが終わりました!
みんな、すこしづつ心も身体もそして、精神的にも、
成長しているようで... 変化がでてきました!
今まで、レッスンに来ても、私だけが一人喋り、
受け答えしかしなかった生徒ちゃんも、私の注文に対し、
難しい... できない~と、甘えてくるようになりました。
かえってくる言葉だけで、嬉しいのですが、でも、やってみて!
折れずに、挑戦させています。

音楽には、リズム・メロディ・ハーモニーの要素があるのですが。
メロディというのは、音と音の連続でありフレーズを感じることです。
生徒ちゃんの中には、音と音が細切れになってしまっている子がいます!
スラーがかかっている所は、
1つのフレーズの固まりであるということを意識して演奏するようにしてね~
そして、同じ曲を弾かせても生徒ちゃんによって、テンポも様々です。
上手に弾くには、「次の音を打鍵する準備」をしなくてはいけないのです
休符というのは、お休みする箇所ではなく、準備をする箇所だと思ってください。
あるレッスン生が、
『休符のところは、音は、なくてお休みしてても、
音楽としては、流れているのよって、ママが話してくれた...』と、
レッスン中、休符の役割り話をしている時に、話してくれました。
そうよ~だから、本当にお休みしてしまうのではなくて、
次、どんな音で入るか考えて、その準備をしておくのよ~と、付け加えました!
ピアノは音が減退していく楽器です。
音を出してからではもうそれを曲げたり折ったりできません。
だから、弾く前にたくさんイメージして、
音の出し方を考えて弾いてもらいたいと、思います!

最近、グッと腕をあげてきたレッスン生には、私も妥協せず求めてしまう為、
できない!と、悔しがり、鍵盤を叩き付けて弾く子もいらっしゃいます。
音を出す前に、どんな音を出したいのか、どんな風に響かせたいのか、
イメージして、次の音を出す準備をしましょう。
がんばれ!小さなピアニスト達...

ブログランキングに参加中!
クリックお願い致しますね

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

衣斐 和代

Author:衣斐 和代
吹田市山田市場 (阪急バス 山田南下車徒歩2分)で、
小さな piano 教室を
  主宰しております
  衣斐和代と申します♥

子ども達のもつ
たくさんの可能性を引き出し
ピアノの魅力を、感じさせる
 指導を心がけております!

♪リトミック指導者資格
    ディプロマA取得
♫全日本ピアノ指導者協会
    (PTNA)指導者会員
♬大阪千里バスティン
       研究会所属
    
♪只今、生徒募集中です♪

教室への問い合わせ、
レッスン希望等、
下記のメールフォームへ、
お気軽にご連絡下さい♪

ブログランキングに参加中!
クリックの御協力お願い致します♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。